じゅにっき

技術力の低いシステムエンジニアの日記。パズドラや読書の感想、自分の持ち物紹介など、日々の出来事をざっくばらんに書いてます。

【持ち物】Xingmeng スマートウォッチ 1週間使用しての感想

どもジュニ(@jr_6)です。

早起き継続6日目。

あと1日でとりあえずの目標である早起き継続1週間を達成できます。

油断は禁物ですけど、今日無理矢理飲みに連れていかれるとかない限り大丈夫だと思ってます。

飲みなんて断ればいいじゃんって話しですけど、サラリーマンなんで断れない時は断れないんですよ。悲しいですけど。

Xingmeng スマートウォッチ 1週間使用しての感想

この間ブログに書いたXingmeng スマートウォッチ&creativeASIN=B07PY6JWPV&linkCode=as2&tag=r6n1-22&linkId=c1c8dac7d32c4dabedd2171dd975fa20">Xingmeng スマートウォッチを1週間ぐらい使ってみたので、前まで使ってたPebble Timeと比較しての感想をば。

前回の記事はこちら。 www.jr6.xyz


まずはXingmeng スマートウォッチ

まずはApple Watchっぽい外観。

実際に会社の同僚からも実際に間違えられましたし。

デザインについては好き嫌いがあると思いますが、Apple Watchがかっこいいっと思ってる人には良いと思います。

個人的にはPebble Timeのチープさも好きでした。


次にバッテリー。

とりあえず心拍数をリアルタイムに計測する設定にしていますが、その状態で4日ほど持ちました。

カタログスペックの5〜7日より短いですが、心拍数の計測をリアルタイムにしなかったらそれぐらいは持つと思います。

Pebble Timeはバッテリーの劣化もあり、1日半ぐらいしか持たなくなってたんで、満足してます。

Pebble Timeは新品を使ってたわけじゃないんで、これは単純に比較になりませんけど。


活動量計としての性能。

Pebble Timeではバッテリーの節約のため活動量計としては使ってなかったんで比較できませんが、普通に計測できてます。

特に睡眠計測はiPhoneアプリSleep Meisterではうまく計測できていなかたので、自分の睡眠がきちんと可視化できるようになったのは嬉しいです。


こっからはいまいちな点。

バンド。

なんか内側から穴にさしてバンドのあまりも内側に入れるという珍しいスタイル。

Amazonのレビューではつけやすいって意見が多かったですが、自分としてはかなりつけにくいです。

バンドのあまりを内側に入れる時に止めてたところが外れてやり直しっていうのを繰り返してます。

止めるコツがあるのかもしれませんが、普通のバンドにしてほしかったですね。


画面の操作。

操作は画面をタッチして行いますが、タッチできるのは画像の赤で囲ってるとこのみ。

f:id:jr6jr6:20190603233315j:plain

全面タッチできる風なんですけど、そうはいかないようです。

このタッチ部分を押すのと長押しで操作することになります。

タッチ部分を押すことで、時計→今日のデータ→心拍数→運動→メッセージ→カメラ制御→音楽制御→設定→時計って感じで画面が遷移していくんですが、

間違って画面遷移させてしまったら一つ前の画面に戻りたいだけなのに、8回もタッチして戻す必要があります。

画面を拭いたり、どっかに軽く触れてしまったりするだけで画面遷移してしまったりするので、その度に画面を連続タッチするのがほんとめんどくさいです。

で、各メニューの詳細メニューに入りたいときは長押し。

そして詳細から戻るときは詳細メニュー画面でタッチを繰り返して「戻る」にあわせて長押し・・・

全く快適じゃないです。

まぁ自分の使い方だったらそんなに詳細メニューを開くことはないんで、それがせめてもの救いですね。


時計が常に表示されてない。

Pebble Timeは普通の時計みたいに常に時計の表示がされていましたが、Xingmeng スマートウォッチは画面をタッチ(上で書いた赤丸の部分)するか、腕をあげて時計を見る動作をしないと時計が表示されません。

キーボードパチパチしながら時間や日付を確認するってのができないが以外に不便です。

あと書類に日付を書いたりする時とかですね。

腕をあげても表示されない時もありますし、見たい時にさっと見れないのは多少ストレスがかかります。

画面を常時点灯させるとバッテリーがあれなんでしょうけど、時計が常に表示されるってのは結構大事な要素なんだと思わされました。


通知のON、OFFを個別に設定できるアプリが限られている。

Pebble Timeスマホにインストールしているアプリごとに通知のON、OFFを設定できましたが、Xingmeng スマートウォッチは着信、Twitter、LINEなどの主要アプリ以外は「その他」でくくられています。

「その他」の通知は全て受けるか、受けないかの2択になります。

主要アプリ以外でもこれだけは通知を受けたいってのがあると困ります。

幸い自分は着信とTwitterとLINEの通知さえうけれればいいので、問題はありません。


あとは時計のスキンの種類が少ないとか色々ありますが、¥3999ってことを考えれば及第点だと思います。

ちなみにXingmeng スマートウォッチPebble Timeかと言われたら、Pebble Timeを選びます。

Xingmeng スマートウォッチを使えば使うほど、Pebble Timeの良さを実感してしまうのってのが正直なところです。

今回Pebble Timeにしなかった理由はPebbleという会社が買収されてもうないからでしたしね。

とはいえ、¥3999でこの性能はスマートウォッチを体感するにはもってこいだと思うので、スマートウォッチの購入を迷ってる人はまずXingmeng スマートウォッチでスマートウォッチを体験してから本気のものを探してみるってのもありだと思います。

今日のパズドラ

ガチャドラフィーバーの第4Rクリア報酬ガチャ。

コラボキャラの交換要因として待機してもらいます。

今週は星空の夜空がきてるので、+集めに勤しみたいと思います。

今日のロマサガRS

6月3日はサガの日らしいですね。


1日1回無料プラチナガチャ。


メイン応援イベントでゲットした半周年記念プラチナチケットガチャ。

SSギュスターブは熱い!限界突破に使わせてもらいます。


日曜までのツヴァイクバトルフェスは5回戦の5戦目であえなく撃沈・・・

でも着実に強くなってます。

基本的にオートにはなりますが、来週はこれを超えれるように育成頑張ります。


ではでは。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

こちらもお願いします

WiFiO通信速度計測日記 rentalwifi.jr6.xyz