じゅにっき

技術力の低いシステムエンジニアの日記。パズドラや読書の感想、自分の持ち物紹介など、日々の出来事をざっくばらんに書いてます。

【読書】待てばカイロの盗みあり:赤川次郎

どもジュニ(@jr_6)です。

 

 

読みました。

 

あらすじ

夫の淳一は役者にしたいほどのいい男だが、実は泥棒。片や妻の真弓はだれもが思わず振り返るほどの美人だが、実は警視庁捜査一課の刑事。このユニークカップルがディナーを楽しんでいると、突然男が淳一に「命をいただきます」とピストルをつきつけてきた。それは、数日後に開催予定の<古代エジプト秘宝展>につながらる連続怪奇殺人事件の幕開けだった・・・。人気シリーズ第二作目登場!

 

待てばカイロの盗みあり 裏表紙より

 

感想 *ネタバレしたらすいません 

 「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズの二作目。

 

一作目と同様に夫の淳一がクールに何でもこなしめちゃくちゃカッコ良いです。でも、まだ二作しか読んでませんが、発砲がやたら多い。確かに妻の真弓は殺人事件の担当みたいなんで、発砲シーンがあるのは普通なのかもしれませんけど。でも、家でも何度も暴発してしまったり、正当防衛とはいえ、相手を普通に殺してしまったりを何度もしてるので、それは問題にならないのか?と疑問を持ってしまい、中々気持ちが入って行きませんでした。小説なんで、そんなところに疑問を持ってもしょうがないんで、気にしてもしょうがないですけど。

 

 

ではでは。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村