じゅにっき

技術力の低いシステムエンジニアの日記。パズドラや読書の感想、自分の持ち物紹介など、日々の出来事をざっくばらんに書いてます。

【読書】人気ブログの作り方;かん吉

どもジュニ(@jr_6)です。

 

 

読みました。自分は地味にAmazon Prime会員なのでiPhoneKindleアプリで無料で読むことができました。Amazon Primeすごいぜ!

 

わかったブログの運営をおこなっているかん吉さんが、わかったブログ内で書いたブログ運営論をまとめたものとなっています。自分はわかったブログの存在を知りませんでしたが、このじゅにっきの運営が迷走中でPVも少なくモチベーションの維持ができなくなってきたんで、無料で読めるんならと思いダウンロードしました。

 

このブログは自分の日常や持ってるものの紹介、読書感想、パズドラ日記などなどとジャンルが定まっていない、雑記ブログの中の雑記ブログ。そんなPVが伸びるわけもないブログですけど、やっぱりそこそこのPV数は欲しいわけです。やっぱりPV数はブログ更新のモチベーションを保つための貴重な数字だと思うんです。

 

この本にも「ブログは読まれないと、存在しないのと同じ」というフレーズが出てきますしね。本当に個人の日記として書いていて自分だけが見れればいいという考えであれば、別にブログが読まれなくても良いんでしょうけど。自分のブログも基本的には個人の日記的な感じで自己満足で書いてるので、PV数なんて気にしないでいいんですが、やっぱりないよりあるほうが、読まれないより、読まれたほうが良いじゃんって気持ちなんです。ただ単に承認欲求を満たしたいだけかもしれませんけど。

 

この本の内容をざっくりまとめると、いかにブログの読み手に自分に関係があると思わせるか。とにかくネタが良ければ文章力は関係ない。自分に関係があると思って、ネタが良ければたくさん読んでもらえるよ的な感じですかね。 そのためのブログ名や記事タイトルの付け方のコツ等が挙げられてます。その中で自分自身の価値を高めていけばPV数はおのずとのびていくみたいな。

 

確かになぁとは思うものの、自分の悪い癖でそれができればそもそも苦労(PV数がのびない)してないよと本の内容をチャレンジしてもいないのに否定してしまってたりもします。

 

まぁブログ運営の一つのサンプルとして参考にするって感じになるんですかね。その人にあった運営方法があると思うので、それに見つけるためのサンプルなんだと。

 

とにかくPV数が少しでも増えるように更新を頑張りたいと思います。

 

 

ではでは。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村