じゅにっき

技術力の低いシステムエンジニアの日記。パズドラや読書の感想、自分の持ち物紹介など、日々の出来事をざっくばらんに書いてます。

【読書】内通と破滅と僕の恋人 珈琲店ブラックスノウのサイバー事件簿:一田和樹

どもjr6jr6(@jr_6)です。

 

 

読みました。

 

この間よんだ「天才ハッカー安部響子と五分間の相棒」がおもしろくて

今は一田和樹さんの作品を読み漁りたいと思います。

 

jr6jr6jr6jr6.hatenablog.com

 

あらすじ

大学生の凪は、同級生の不思議な美少女・霧香と付き合い始めたばかり。

ある日ふたりは路地裏の珈琲店ブラックスノウを訪れる。

店のマスターは、実はサイバーセキュリティに精通した人物だった。

店を手伝うことになった凪は霧香と共に様々なサイバー犯罪に触れてゆく。

一方、マスターを恨む美青年・凌が大規模な犯罪を企てていて・・・

過去の小さな因縁が世界をお揺るがすサイバーサスペンス。

 

内通と破滅と僕の恋火 裏表紙より

 

感想

喫茶店ブラックスノウのマスターへの復讐のために

大規模なサイバー犯罪を企てているブラックスノウの元バイト凌。

それを止めようとするマスターの戦いというのが大筋の流れ。

話しの中では喫茶店ブラックスノウのマスター、

たまたまブラックスノウにやってきた大学生カップルの凪と霧香、

常連客の西村を中心に、凪の主観で物語が進んでいきます。

 

その中で、凌が送り込んでいるスパイが主観となるシーンがおりこまれています。

 

なぜかサイバー関係の知識が豊富なマスターが渋くてマジでかっこいいです。

一田和樹さんの作品を読むと自分の技術力のなさを突かれてるようで悲しくなります。

 

でも、そのおかげで今のままではダメだという気持ちも強くなり

もっと勉強しなきゃという意欲が湧いてきたってのもあります。

(実際に勉強に踏み出せるかは別の話し)

 

最終的に話しの流れからスパイはこの人物しかないと思わせておきながら

実は全く別の人物であったとわかった時は「マジかぁ・・・」と独り言を

口走ってしまうぐらい騙されてました。

 

天才ハッカー安部響子と五分間の相棒」に続いて自分にとっては

かなり当たりの作品でした。

 

一田和樹さんの別の作品も手に入れているので、それを読みつつ

ブラックスノウのマスターのようにサイバー関係の知識満載な

渋い男になれるよう精進したいと思います。

 

 

ではでは。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村